Search

ダイソンの扇風機とは

あなたはダイソンの扇風機をご存知でしたか。

従来の扇風機の常識を覆すと思いますよね。

ダイソンの扇風機は羽根がないのです。

エアマルチプライアーテクノロジーと呼ばれる技芸です。

取り込んだ空気をこのエアマルチプライアーテクノロジーで増幅させて、風量を創り出すのです。

最大で18倍の風量になります。

羽根がないことによるメリットはかなりあります。

断片的な風であるのなら、風に当たる不快感があります。

しかしながら、羽根がありませんから自然の風みたいにスムーズな空気の流れを創り出すのです。

誰だとしても心置きなく利用することが出来ますね。

羽根による怪我の心配はありませんし、何と比べると掃除が楽になります。

一定グレードの扇風機では、羽根についたほこりを確保するのがたいへんですよね。

羽根がない為にデザインは一歩先を行くものになります。

円形であることも必要なくなりました。

電気の利用効率も割高になっていますから、省エネにも貢献します。

エアコンの省エネスタイルと比較した場合にも、85%くらいの節電を実現しているのです。

その上に体感温度として3度ぐらい涼しく感じ取れるでしょう。

夏はやはり自然の風が一番です。

ダイソンときくとやはり掃除機をおもい出しますか。

みたいですね。

しかしながら、ダイソンはオリジナルに創り出したテクノロジーに基づいて、生産品を創り出しているのです

その技芸はワールドで認められたものですね。

掃除機だけでなく扇風機の市場だとしても、ちょっとした革命をもたらしているのです。

羽根のない扇風機が以来の時代のトレンドとなるかも知れませんね。

扇風機とサーキュレーター

扇風機と同様のものにサーキュレーターがあります。

この二つのちがいを考えてみましょう。

羽根を回転させて風を起こすところは同じですが、サーキュレーターには一定グレード首が付いていません。

角度が0~90度まで変えられるものが大半です、。

サーキュレーターのお目当ては部屋の中の空気に対流を起こすことです

それに対して扇風機は人に向かって風を当てて涼しくしてくれることですのです

ですのでサーキュレーターは冬季にも利用するのです。

当然、扇風機を冬季に利用して、天井の温かい空気を下に回すことも出来ます。

要するに、自分がやりたいような位置に羽根を置いて、回転させればいいのです。

冬季だとしても扇風機を出しているご身内は沢山のではないでしょうか。

省エネを考えるのであるのなら、エアコンと比べると扇風機と言うことなってす。

扇風機とサーキュレーターのどちらも市販している製造企業もありますが、構造的には大半同じですので、自然のことかも知れませんね。

扇風機には羽根があり、その回転によって涼しい風をつくると言う構造は変わらないのです。

ところでダイソンのエアマルチプライヤーはそういった常識を覆してくれます。

始めてみた人はどうやって風をつくるのだろうかと思ってしまいますね

扇風機の羽根がないのです。

当然、羽根がないのではなく、隠しているのが現実にです。

小さな羽根をボディのなかに収納することによって、羽根が外から見えなくなっているのです。

特にに効率が良いわけではありませんが、ダイソンの奇抜なアイデアと言えるでしょう。

おすすめの扇風機

2011年は扇風機の年です。

東北大震災の影響で省エネムードが一気に高まったからです

エアコンと比べると扇風機と言うことです。

おススメの扇風機を見てみましょう。

当然、おススメと言ってもおのおののサイトで状況は異なります。

売れ筋がどれかと言うことですのです。

あなたが通販サイト等で扇風機の買入を考えているのであるのなら、サーキュレーターはいかがですかか。

扇風機の首がなく、下から上へと風を送ることが出来るものです。

扇風機としてではなく、部屋の空気を対流させることをお目当てに創られているのですが、扇風機としても問題なく利用出来ますね。

省エネにこだわるならば、センサー付きの機種はいかがですかか。

部屋の湿度、温度を見極めて自動で調節してくれるのです。

無駄な風を創らなくて済みますね。

話題を集めている機種としてダイソンの扇風機があります。

これは見れば直ぐに分かるのですが、羽根がありません。

どうやって風を起こすことだろうと不思議に思ってしまうこともあるそうです。

実はボディに小さな羽根が仕込まれているのです。

外から見えませんから、すさまじくオシャレな感じがします

インテリアとしても十分役立つかも知れませんね。

構造的に風量が弱くなりますが、省エネの為と言うことであるのなら納得出来るかも知れません

ダイソンはサイクロン掃除機がポピュラーです。

強烈な吸引力ですのです。

モーターを利用して空気を制御するアレンジをしているのです。

掃除機と扇風機は通じるものがあるのでしょう。

あなたはどんな扇風機を買入しますか。

ダイソン扇風機の仕組み

ダイソンが市販しているエアマルチプライヤーは羽根がない扇風機です。

そのデザインはすさまじくユニークです。

エアマルチプライヤーテクノロジーによってスムーズな風の流れをつくるのです

そのシステムを案内しましょう。

羽根を利用して風を起こすケースは羽根の位置に応じた風となってきます。

扇風機を横から見ると渦巻き状に風が出来るのです。

したがって、体感する時にはムラのある風となってしまうのです。

それを避ける為にダイソンは考えました。

ムラのないスムーズな風をつくる為には羽根を利用していてはだめだと言う結論に達したのです。

そこで、羽根を利用せずに風を起こすアレンジをしました。

それがエアマルチプライヤーテクノロジーです。

吸気口から空気を吸収します

これはボディのなかに格納されたモーターによって起こる空気の流れです。

フライト機のエンジンと同じテクノロジーですのです。

吸い込まれた空気は本体の円形部位から吹き出します

円形の周囲から吹き出すことによって、その中央の空気もいっしょに風となるのです。

こうして、吸い込んだ空気の15倍の風量を創り出すことが出来るのです。

何もないところから風が吹き出しているような感じです。

羽根がありませんから、空気の流れはすさまじくスムーズです。

面に羽根を出さないことによって、すさまじくシンプルな筐体となったのです、。

今までの扇風機は素材や制御方式等のチェンジはありましたが、本質的な部位は大半チェンジしていないと言っていいでしょう。

それをダイソンが破ったのでした。

扇風機の人気

省エネムードが勢い付くと、扇風機の売れ行きがよくなると言われています。

エアコンと比べると電気消費量がわずかこと言うのは明白ですので、多くの人の話題を集めているのです。

今までの扇風機はずっと同じ形でした。

羽根の素材や回転数の制御等はチェンジしていますが、本質的な部位では大半チェンジしていないのです。

それによって形も変わりようがありませんでした

広くて丸い羽根と細い首です。

扇風機と言うのはこの想像しかないですよね。

それを打ち砕いたのがダイソンの扇風機です。

ダイソンの扇風機には羽根がありません。

特殊な構造をした排気口から風を出すことによって、大きな風量を創り出すことが出来るのです。

ダイソンではこれをエアマルチプライヤーテクノロジーと呼んでいます

この構造のヒントはジェットエンジンから得たと言われています。

ジェット機のエンジンは吸気口から強烈に空気を吸い込むことによって、圧縮された空気となってきます。

それを扇風機に応用したのです。

ダイソンのエンジニアたちの試行錯誤と課題に対する強い情熱が、エアマルチプライヤーを出現させたと言うのです。

ダイソンの扇風機は2010年に市販されています

当然、圧縮空気をつくるための技芸として、サイクロン掃除機が応用されたこと言うのは当然です。

ダイソンは空気の流れを十分に把捉し、それを制御するための力学を構築していったのです。

出来上がってしまえばそれほど難しいことにはおもえません

しかしながら、扇風機の形が何十年もチェンジしてこなかったことを考えれば、画期的なことですのです。

冷風扇風機

扇風機は羽根を回して風をつくるだけに過ぎませんが、ひとつだけでは部屋の中が暑いと熱風を送ることなって、涼しさと言うのは程遠くなってしまいます。

そこで、クールな風を送るための装置である冷風扇風機と言うものが市販されています。

部類はいろいろありますが、水の気化熱を利用して冷たい空気をつくるものです。

しかしながら、その原理から分かるように同じ時に湿度を上げてしまいます。

部屋の湿度が高ければ、冷風にならないと言うデメリットがあります。

そういったことを考えてくるとやはりエアコンと言うことなってす。

しかしながら、省エネ志向が強力になってきたこの頃ですので、扇風機が見直されているのも事実です。

冷風扇風機を買入するくらいならば、一定グレードの扇風機で我慢した方がいいと言うわけです。

エアコンほどに電気を消耗せずに、涼しい夏を過ごしてみたいと考えるならば、扇風機に勝るものはないと言う部分です。

扇風機は製造企業のアレンジによって、多様なものが市販されています。

少しばっかりだとしても消費電力を抑制しようとするアレンジがされています。

しかしながら、羽根を回転させて風をつくると言う構造はずっと昔からチェンジしていません。

それは原理的に避けようがないことですのです。

そういった扇風機に新しい構造を取り入れたのがダイソンの扇風機です。

ダイソンの扇風機は羽根がありません

エアマルチプライヤーテクノロジーと呼ぶ新しい気流を創り出す装置です。

羽根がないのは内部に埋め込んだ小ぶりのファンで圧縮空気を作って、それを吹き出し口から強力に出すシステムですのです。